電子書籍の社会的な流行と所有権について

電子書籍という物が市民生活に根付き始めています。
既に漫画の分野においては統計的に電子書籍の方がシェア率が上になったと言われています。
スマートフォンやタブレットで気軽に読めるため、値段が非常にリーズナブルなため、書店がそもそも住宅地周辺にないためなど、流行の要因は色々です。
ただし気を付けたいのが電子書籍に関する法律的な解釈です。
書籍と名前は付いていますが、電子書籍はあくまでバーチャルな存在です。
リアルな紙の書籍とは色々とルールと権利が異なっていますので、本格的に始めたい方は違いに注意しておきましょう。
まず紙の書籍は当然ですがリアルな物質であり、車や机等と同様に購入した人物へ自動的に所有権が発生します。
一方で電子書籍はデータですので、そもそも法律上は所有という概念が生まれません。
ユーザーが購入によって得るのは所有権ではなく、いわゆる利用権です。
あくまで権利を保有しているに過ぎず、販売者がサービスを停止した場合は購入していた電子書籍が閲覧不可能になる可能性があります。