司法書士になることを夢見て頑張っている

私は高校生の頃から法律に関心があったので法学部に入ることを決めて一生懸命勉強した結果、何とか希望する大学の法学部に入学することができました。
そして4年間大学で一生懸命法学の勉強をしたのですが、色々と事情があり卒業後は法学関係と全く関係のない金融関係の会社に就職してそこに勤めていました。
ただ就職した会社の仕事に遣り甲斐を感じることが出来なかったために転職を希望するようになり、長年の夢であった司法書士になることを夢見て会社を辞めて資格の学校に通うことにしました。
司法書士試験は試験科目が多く範囲も広いので勉強するのはとても大変だったのですが、後がないと考えてあまり深く考えずに一生懸命勉強しました。
その結果何とか試験に合格することが出来たので本当に良かったのですが、それに加えて就職先の司法書士事務所も見つかったので本当に助かりました。
ただ直ぐに司法書士として活躍できるほど甘くはなく色々と学ぶべきことは沢山あるので、今は少しでも早く一人前の司法書士になることが出来るように一生懸命勉強しています。