日本の国は数え切れない程の法律があります

日本の国は法治国家です。
法律によって社会が支えられており、人々は皆平等に人権を与えられています。
商法や民放や刑法など、実に多種多様なルールがあります。
国としての歴史が非常に深いため、各分野に非常に細かく法整備が為されています。
実は専門家でも全ての法律を丸暗記していません。
プロでさえ必要に応じて、六法全書を取り出して対応しているのが実情です。
そのため一般消費者の立場からすると、日本の今現在の法体系がどうなっているかは、現実問題として分からないものです。
改正されている法律も実は少なくありません。
そのため昔は合法だったが今現在では違法行為になっている行為も多いです。
反対に稀有な事例ですが昔は原則禁止だった行為やビジネスが今では一部解禁されていたり、申請をする事で合法的に出来たりします。
今現在の法律がどうなっているか、知りたい場合はプロに相談するのが一番です。
弁護士は迷える消費者の味方であり、困った時は事務所に行くのがオススメです。