迷惑行為は法律によって罰せられます

狭い日本に住んでいると、よく隣人同士のトラブルが発生という話題を耳にします。
広い土地に住んでいれば、少々の物音が揉め事の原因になることもないのでしょうが、あいにく都市部の住宅街ともなると、家同士の壁が一枚で両側を作っている場合もあります。
そうなると、やはり大きな音なら聞こえてしまいますし、時には壁を振動が伝ってしまうこともあるでしょう。
そこは狭い住宅事情の日本のこと、たいていの人はくっついた建売住宅を購入したのであれば、ある程度の物音は仕方ないと我慢します。
また、できるだけトラブルの原因を作らないように、大きな音を立てたりしないように気を付けます。
ところが、中には自己中心的な暮らしをして、隣人に迷惑をかけてもへっちゃらという人もいます。
法律上では、迷惑防止条例違反という法律に触れる行為に当たると判断された場合、警察に相談することで解決に乗り出してもらうことができます。
ただ、解決までには相当な苦労がありますので、引っ越しが可能ならあきらめてさっさと引っ越すのも逆にいいかもしれません。