日本国憲法が守る表現の自由について

日本には表現の自由という根本的なルールがあります。
あまり市民生活には直接関係ないルールだと思われていますが、実際は大いに関係しています。
日本の国は民主主義の仕組みを採用しており、色々な自由と活動が憲法によって守られています。
時の政権に対して批判的な新聞記事を掲載しても、特に問題は無かったり、有名人がワイドショーで連日連夜取り上げられる事、そして漫画家や作家が多種多様なフィクションを創作する事も、憲法という根源的なルールによって保障されているおかげで実現しています。
最近は表現の自由がネガティブな見方をされる事も増えて来ており、特に創作物の表現規制は過去のどの時代よりも厳しくなっています。
テレビや漫画などは一際その影響を受けており、科学的な根拠や統計的な裏付けもなく、なんとなく有害そうなので過激な表現は規制しよう、といった雰囲気が社会全体で構成されており、出版者やクリエイターが実際に過剰な自主規制を始めています。